一戸建て

新築の注文住宅の見学会に行ってみた感想。和風住宅もいいものです。

高松市の鬼無町でで注文住宅の新築住宅見学会に行った時の感想と私の意見です。
訪問前は、夫とどのような家を購入したいのか情報を収集し話し合っていました。
洋風のモダンな住宅の購入を希望していました。
しかし、新築の住宅を見学するうちに日本式の和風の住宅に惹かれました。
家の中をみて惹かれたのではなく、一件の敷地内の庭をみて、私たち夫婦の意見は変わりました、日本庭園を感じることができる素敵な和風の庭でした。

決して広くはなかったのですが、石の敷き詰め方や盆栽、木々の配置など、なんとなく落ち着きました。

縁側に座ってゆっくりできるスペースもありました。

ここで二人でどんな暮らしができるか、話しているといつしかずいぶん時間が経ってしまい、我ながら驚きました。

今まで、何度も住宅展示会に行きましたが、庭を中心に考えて家の様式を検討するとは思いませんでした。狭いスペースでも落ち着ける庭があることで、住宅の印象は変わることを知りました。

高松市で戸建て住宅を建てることのメリットとデメリットとはなにか。

一戸建ての住宅を建てることのメリット、デメリット

戸建に住むメリットとしましてはマンションとは違い自由度が高いところです。
子育て中の為、子供が泣いたり足音を立てて走っても、下の階がないので気にせずにいられてストレスが溜まりません。
それと、隣との距離が少しある為多少の音など気にせずにいられます。
マンションとは違いよっぽどの騒音を立てなければお隣さんとも気持ち良くお付き合いできるところが戸建のメリットだと思います。
他には外装にもこだわれるのと、庭やガレージなどの空間で子供と遊べるのと倉庫などを置けるので室外空間にも荷物が置けて家の中だけではなく外の空間にもスペースが効率良く使う事ができます。

さらに一戸建ての住宅では省エネに優れていること、ガスと違ってエコキュートを使うと家計がかなり楽になります。

戸建のデメリットは、現在3階建てなのですがリビングが2階にあり1階にお風呂・トイレ・和室、3階に洋室2室の作りですが、階段の上り下りが子供が居ると大変でリビングに行くにも1度階段を登らないといけなく、荷物と子供を抱えていると何往復するとかもあり大変です。

その他洗濯機が1階でベランダが2階なので洗濯機を回すのもなかなか体力をつかいます。

 

家の失敗談というか、苦い経験。住宅会社はしっかり選びましょう。

新築住宅で心配市内にはしっかりした住宅会社を選ぶこと

新築一戸建て住宅を建ててからの体験ですが数週間たった時に不具合が出てきた箇所があります。

室内側の窓の淵の壁紙がポコポコ浮き上がってきたのです。
探してみると家の裏側に面している窓の淵ほとんどがそんな感じになっていました。
住宅会社の担当のひとに連絡を取り、稀にそういうことがあるとのことで無料で張り変えてもらいました。

しかし数か月後、また同じところが浮き上がってきました。これを何度繰り返したか、3年くらい続きました。
そしてついに、住宅の保証期間とっくに切れているのでこれ以上は~みたいなこと言われました。
こっちは全く悪くないのに向こうが勝手に責任放棄的な感じになってしまいました。

それから知り合いのクロス屋に理由を聞いたら職人の腕が悪いらしいです。
あとは日差しが強すぎるなどでした。
自腹で最後は腕のいい人に頼んでやってもらった結果、数年たってもはがれていません。

最初に家を建てた住宅会社の対応も悪ければ、技術も悪かったのです。しっかりと住宅会社は選ぶべきでした。
友人などに話を聞くと、地元の工務店が比較的良心的な価格であるし、対応も丁寧でしっかりした技術や職人を持っているということに気付きました。

後悔しきりですが建て直し、やり直しはきかないので、何事も最初が肝心だとこれから、他のことに対して生かしていこうと前向きに考えたいと思います。

高松市で対応の良い住宅会社の地図、アクセスはこちらです

新築の家を建てるときにもっとこうすれば…お風呂についての後悔

新築住宅を高松で建てる、その後の公開と思うこと

新築の家を建てる時に、もっとこうすればよかったな、と思うところはいろいろあるのですが、特にお風呂場はもっと違った形にできたのではないか、と今になって思います。

建てた頃は気候がよかったので、あまり気にならなかったのですが、お風呂場は冬になると脱衣所がすごく寒いのです。そのために、お風呂に入るのが億劫になったりするのですが、お風呂場の脱衣場には床暖房を入れるようにすればよかったな、と思います。

夏は暑いので、エアコンがあれば一番いいのでしょうが、エアコンをつけるほど広くないので、夏は扇風機で対応しています。困ったのは冬の寒さで、ハロゲンヒーターを入れたりしていますが、もっと脱衣場とお風呂場全体が暖かくなるともっといいと思います。

高松で賃貸マンションに住んでいますが、夢は庭付き一戸建て。

夢は庭付き新築住宅、一戸建てです

現在は、マンションの3階に住んでいます。

ベランダはありますが、洗濯物を干すだけでいっぱいになってしまい、外でゆっくりとお茶でもしながら読書などをするスペースはありません。

そこで、やはり庭のある一軒家が欲しくなりました。夢は、庭で家庭菜園をすることです。無農薬の簡単な野菜の栽培やハーブを育てたいです。また、休日の朝には、家庭菜園で採れた野菜を使って、家族でおしゃれな朝食を庭でとりたいです。初夏には、ビニールプールで子どもたちは水遊びをしたり、大人はバーベキューを楽しんだりできそうです。

庭があることで手入れも大変そうですが、平日の慌ただしい生活の中、休日は自宅でゆっくりしたいものです。

遠出しなくても庭があることで、家族で優雅な時間が過ごせそうです。いつの日か、一軒家を持つことが夢です。

いつか結婚した時には自分が育ったような幸せな家族で一戸建てに

私の実家は一戸建てです。幼い頃から一戸建てで育ったのでそれが当たり前になっていました。
自分の部屋があって家族が集まるスペースがあってみんなで食事をして。
しかし、大学進学とともに一人暮らしを始めるとその当たり前がすごく幸せなことなのだと感じることができました。
夜遅く帰ってもおかえりと待っててくれる人はいない。朝寝坊しても起こしに来てくれる人もいない。辛いことがあった時に相談に乗ってくれる人もいない。嬉しいことがあった時に一緒になって喜んでくれる人もいない。一戸建てに家族で暮らすことがこれほどまでに幸せで暖かいものだと感じました。
今現在私は結婚しておらず一人暮らしですが、いつか結婚できた時には自分が育ったような暖かくて幸せな家族で一戸建てに住みたいと思っています。

高松市で一戸建て住宅の良いところは隣との騒音が解消されること

私は今マンションに住んでいますが、いつかは一戸建てに住んでみたいという夢があります。
本当に実現するかどうかわかりませんが、やはり住宅といえば一戸建てが良いです。
今はマンションに住んでいるということで、周囲の住民に迷惑を掛けないように生活をしなければなりません。
あまり大きな足音をたてると迷惑になってしまいますし、大きな音で音楽を聴いたりテレビを見ると迷惑になってしまうこともあります。
また、時間によっては洗濯機を使うことも制限しなければなりません。
しかしこれが一戸建てだとある程度許されることもあると思います。
自分の敷地内には自分の家族だけ、という環境にとても憧れます。
いつかこの夢が叶うと良いな、と思います。

注文住宅の生活導線は非常に重要です。毎日の家事に影響を与えます。

一戸建てはとにかく動く面積が広いです。
そんなに大きな家でなくても、二階以上ある上に階段の昇り降りなど、とにかく動きます。
子どものうちや、家事をしない立場の人ならばそんなに気にならないでしょう。
しかし、毎日家族のために家事をこなす主婦にとっては、その移動距離はかなり大切なポイントになります。
一つの家事をするのに同じところを行ったり来たりしなければならなかったり、2箇所以上を使う家事でその場所が離れていたり。そのために住宅の間取りはとても重要です。
例えば、洗濯をする時にベランダが二階の奥にあって洗濯機が一階の玄関そばにあったら。
洗濯上がりの服をベランダに持っていくだけでも一苦労ですよね。
食器棚とキッチンの位置関係や、掃除機のかけやすさなんかもポイントになります。
そう、すべて生活導線に如何に無駄がないかが鍵を握っているのです。
一戸建ての物件を探す際や新しく建築する際には、壁の色や収納の広さと併せて生活導線がどれほどスムーズに設計されているかもしっかりと考えることをお勧めします。
注文・新築住宅の間取りを考えるにはプロの適切なアドバイスと自身の生活の行動ごとの分解・検討が大切です。

新築住宅の住宅設備は家族の中心、キッチンを最優先に考えましょう

新築住宅で重要視するのはキッチンです

新築住宅で最もこだわったところはキッチンですね。

「住宅設備の中でもここに最もお金をかけてもいい」と思いましたので、他の設備は妥協したところもあったのですが、キッチンだけはしっかりと探しました。そしてまた、多少の妥協はしましたが、金額諸々調整をして概ね希望通りになりました。

夫婦ともに料理が趣味なものですから、「ガスコンロ」のキッチンはゆずれなかったのです。

しかしIHコンロよりもガスコンロの方が費用が高くなるのですよね。都市ガスの地域ではありませんから、ガスコンロを選ぶと、プロパンガスのボンベを置く場所を屋外に作らなくてはいけません。

それが結構な出費でした。その上に器具もIHコンロよりはお高いですからね…。

しかしその他のオプションを省いたり、他の水回り設備のグレードを下げたりと調整して、キッチンは希望に沿った設備を入れることができました。

注文住宅で建てたので、設備にしても微調整できる点が助かりました。

キッチンで快適に料理する為には快適な住まいが必要です。香川県、高松市で高気密高断熱の住宅を建てている優秀な工務店にお願いしましょう

注文住宅を建てる際に要望があっても。担当の専門知識を聞くこと

注文住宅を建てる際に、二階で起きぬけにシャワーが浴びれると良いと思って、担当者に検討して頂いたが、図面を引いてみるとどうしても寸法が取れないという事で、それは断念。

が実際建ってみると、シャワー室は作れない事は無かった。

トイレを狭くして、クローゼットを半分にすれば作れない事はなかった。でも無理して作らず良かったと思います。毎日使うトイレが狭いのは窮屈だし、クローゼットが今の広さの半分では不便です。

担当者がその辺りの判断を的確にしてくれて良かったなと思います。
でも配慮して欲しかったと思う事もあります。家の北側、隣との境界線と家の間幅1メートルほどが土がむき出し。

普通は砂利とか敷いてくれるのではないでしょうか?新築当時は気がつかなかったです。数年後に気が付いた時には草茫々。一度気になると放っても置けず草取りしますが、1か月もするとまた草茫々。結局10万円かけて土の上にビニールシートを敷いて、その上に砂利を敷きました。

満足する事妥協する事いろいろありますが、家は一番高い買い物で生活の基盤になるものだとつくづく思います。

高松で光熱費の安いハウスメーカーならこちらがおすすめです。