未分類

新築を建てましたが、中古物件にも興味を持つきっかけになりました

先日、知人が郊外に買った戸建て住宅にお邪魔しました。

終の棲家にはしないとのことで、中古物件にしたそうです。

自分たちで部屋数を決めたわけでも、それぞれの部屋の広さを、収納の数を、窓の高さを決めたわけでもない。

物置にすらなっていない部屋や、電灯に球すら入っていない部屋もありました。

部屋や空間をどう使うか、決めきれていないようでした。

リフォーム済みとはいっても、少なからず傷や経年劣化も見られました。前の住人の生活の後が残っているのです。でもそれは賃貸で部屋を借りたときと同じなんですね。

きっと少しずつ少しずつ自分の家になっていくのだと感じました。

私は新築好きですが、中古物件にも興味を持つきっかけになりました。

二世帯住宅を建てる~家族を連れて見学会にあちこち見に行く

高松市で新築の二世帯住宅を建てる計画

現在、私の母と私の家族4人で住んでいる一戸建て住宅は、既に築30年以上。
それほど大きくはないものの、何度も地震を経験しているので、ミシミシという音が気になります。
耐震性も気になりますが、やはり30年も経つと設備関係の古さが目立ってきます。特にキッチンにお風呂。換気扇も掃除のしやすいものにしたり、オーブンも入れたい。
お風呂なら乾きが早くて浴室内が温まりやすいものにしたいなどの願望が出てきます。
主人や母と、新築の二世帯住宅に建て替えるという計画が進行中で色々考えている最中です。
母はまだ元気ですが高齢になったときのことを考えバリアフリーを優先して、かつお互いのプライベートを確保した二世帯住宅にしたいと思っています。

そこで、住宅見学会などのチラシを見ては、家族を連れてあちこち見に行くようにしています。
先週見に行ったモデルハウスは、天然の木にこだわっているメーカーさんのものでした。

こだわりがあることは良いことだと思いますが、自分たちは、う~んとなってしまいました。自分たちの求めるものと相性のいい業者さんを見つけるには、まだ時間が掛かりそうです。