高松市で住宅ローンと資金計画を住宅会社さんに相談しました

高松市で注文住宅、住宅ローンの資金計画
Pocket

35歳会社員。新築住宅を建てる。

高松で新築の注文住宅を建てるためには、たくさんのお金が必要となります。

住宅ローンと資金計画

私の場合だと、ローンを2500万円程度にしました。
工務店の社長さんから注文住宅の資金計画を立ててもらったり、や保険会社のファイナンシャルプランを受けたが返済が楽になります。

年収の5倍までと言われますが、将来的に収入が上がる保証はありませんし、ボーナスもどうなるか分かりません。
昇給や賞与に頼った返済計画を立てると、後で苦しくなってしまうかもしれません。
家を建てることが全てではなく、そこからの生活が大切だということを覚えておきましょう。

子供が大きくなると収納が沢山必要

生活していく中で重要となるのが、収納になります。
子供が大きくなるにつれて、たくさんの物が必要となってきます。
これも工務店さんに教えてもらい色々考えてくれました。

収納が少ないと部屋の中に置くようになり、整理整頓が大変になります。
普段から使わない物を捨てる習慣があればいいですが、そうでない人は新築を建てる際に収納をたくさん作るようにしましょう。

収納がたくさんあると、物を簡単にしまうことが出来るため、片づけやすくなります。

キッチンもお皿や調味料を取り出しやすいところに収納を作っておくと大変便利です。
キッチンは、日々使うところなので、優先して考えておくことが大切です。
コンセントも各部屋に数個ずつ付けておくと便利です。物の配置換えをしたくてもコンセントの位置が1か所だと、変えにくくなります。たくさんの生活パターンを想定して設置しておくと便利です。

間取りと冷蔵庫

キッチンでの失敗といえば、冷蔵庫を買ったけど扉を開いた際に壁に当たってしまい、全開出来ないことがあります。
実は我が家は工務店さんの設計さん(これも社長さんでしたが)に冷蔵庫の寸法をわざわざアパートまで測りに来てくれて空き具合と壁の位置も図面で考えてくれました。
これには引っ越し後、実際冷蔵庫を収めた時、夫婦で思わず大きな声ですごい!と言ってしまいました。

細かい部分まで考えましょう

また、床を無垢材にしたことで油汚れに敏感になったり、子供が食事をするときにこぼして染みにならないか不安になったりします。
水や食べ物を扱う箇所の部材は、汚れの染み込まない物を使って家を建てると、精神的にも楽になります。

新築の住宅を建てる際には、現状の生活よりも今後どのような生活を送り、どのようなケースが起こりそうかを想定しておくことが、成功の秘訣です。
生活が始まるとここをこうしておけばよかったと思うこともあるかと思いますが、失敗だと思わずにその家に慣れてしまいましょう。