新築を建てましたが、中古物件にも興味を持つきっかけになりました

Pocket

先日、知人が郊外に買った戸建て住宅にお邪魔しました。

終の棲家にはしないとのことで、中古物件にしたそうです。

自分たちで部屋数を決めたわけでも、それぞれの部屋の広さを、収納の数を、窓の高さを決めたわけでもない。

物置にすらなっていない部屋や、電灯に球すら入っていない部屋もありました。

部屋や空間をどう使うか、決めきれていないようでした。

リフォーム済みとはいっても、少なからず傷や経年劣化も見られました。前の住人の生活の後が残っているのです。でもそれは賃貸で部屋を借りたときと同じなんですね。

きっと少しずつ少しずつ自分の家になっていくのだと感じました。

私は新築好きですが、中古物件にも興味を持つきっかけになりました。

SNSでもご購読できます。