キッチンパントリーを作りました。かなり重宝しています。

高松のキッチン、キッチンパントリー
Pocket

35歳会社員。新築住宅を建てる。

私が高松のとある工務店さんで新築住宅を建てた時、感じたことを書いた記事です。
ご参考になれば。

新築住宅を建てるというのは、施主である我々からすれば、大きな夢の実現ですので、胸のわくわくする体験といっていいでしょう。
あれもこれもと、さまざまな希望が出てくるに違いありません。
ただ、ポイントはしっかりと押さえておくべきです。
家を建てるにあたっては、収納のことを念頭に置いておくことが大切です。

キッチンパントリー

私がが家を新築したとき、キッチンにパントリーを用意しました。
これが、ウォークインタイプであったのです。

要はキッチンの横に5帖ほどの歩いて入れる収納庫を作りました。

収納容量が抜群で、期待以上に役に立っています。

買い置きの食品はもちろん、あまり普段は使わない調理道具とか、来客用の食器なども、そのパントリーに置けるのです。

冷蔵庫もパントリーに

さらに、パントリーには冷蔵庫も収めました。
おかげで、スペースが空いて、リビングからの見た目にも広々した印象です。
キッチンで一番大きい家電が冷蔵庫だと言われていますので、それがパントリーに収まれば、かなり違います。

実用面でも、パントリーに冷蔵庫があるので、収納場所が一つだけで済み、使い勝手が向上しています。
よく、来客に冷蔵庫の中を見られたくないとの声を耳にします。
パントリーの中に収めることで、その問題も解決するのです。

妻の家事部屋として

また、やや広い目、5帖ほどのパントリーにしましたので、家事部屋としても使われているのです。
妻にとっては、簡単な家事をするのに、大変重宝しているようです。

特筆すべきは、そのパントリーに勝手口を設けましたので、ごみ出しや買い物に出るときに役立つのです。
なお、キッチンでスペースをとるものの一つに、ごみ箱があります。

キッチンを清潔に保つためにも、使いやすい位置にごみ箱を置いて、視覚の印象もアップさせたいものです。
そんな要求を満たすことができるのも、パントリーならではのことです。

ウォークインタイプは当然ですが、クローゼットタイプもパントリーであっても、奥行きさえ確保できれば、ごみ箱もきれいに収まるのです。
新築住宅を建てるにあたっては収納効率をよく検討しておくことを忘れてはなりません。

そのようなキッチンの計画を立てるのが上手な住宅会社さんを見付けられるとラッキーですね。