高松では注文住宅でどんな暮らし、どんな住まいが満足できるのか

Pocket

高松在住35歳会社員、住まいを考える

新築住宅は誰もが憧れるものですが、なかなか現実的に購入に踏み切るのには勇気がいる人もいます。
例えば、30代で働き盛りの男性であれば、マイホームを家族のためにも購入することを検討しますよね。

マイホームは審査なども必要になりますが、会社員などの肩書きに代表されるように、年収や勤務年数などのキャリアを重ねた30代の男性という属性は一番、マイホームローンの申し込みが盛んなだけでなく、審査も通りやすいタイプです。

家は一生に3回建てなければ満足できないといわれるほど、実際に入居をすると不満や、こうすればよかったな等の後悔が出てくることも多いです。

一度きりのマイホームを自分が快適に過ごすことができるように、新築住宅を建てる打ち合わせの段階でじっくりと自分のライフスタイルを考えた間取りなどを計画することが成功の近道になります。

特に不満が多く聞かれる場所として、収納やキッチンといった生活に欠かせない場所です。

まず収納に関しては、小さな子どもがいる家庭や、小学生程度の子供がいる家庭はたくさんの収納を作っておくと安心です。
成長するにつれて、学校関係の道具や部活やクラブなどで使う道具、洋服など様々な荷物を片付ける為のスペースはたくさんあると安心できます。
将来の予測ができずに適当に収納を配置すると必ず失敗します。

どんな家なら満足できるかを想像する

また、キッチンに関しては特に女性はこだわりたい場所ですし、ある程度お金をかけたいスペースです。特に働きながら小さな子どもを育てている場合は、食洗器などの設備が整っていると、家事の時短にもつながり非常に便利です。それから料理台をできる限り広くしたい、あるいはシンクは広めに取りたいなど、自分がどのようなキッチンであれば満足できるかということをしっかりと考えておく必要があります。

このように快適なライフスタイルを送れるような満足のできる家を建てる為にはしっかりとした計画を立てることが成功の秘訣です。
快適なライフスタイルは、結構自分自身では分からないものです。高松市で注文住宅の相談を聞いてくれる工務店さんを選ぶことも重要です。

住宅を建てる!安心ローンの組み方