注文住宅の生活導線は非常に重要です。毎日の家事に影響を与えます。

Pocket

一戸建てはとにかく動く面積が広いです。
そんなに大きな家でなくても、二階以上ある上に階段の昇り降りなど、とにかく動きます。
子どものうちや、家事をしない立場の人ならばそんなに気にならないでしょう。
しかし、毎日家族のために家事をこなす主婦にとっては、その移動距離はかなり大切なポイントになります。
一つの家事をするのに同じところを行ったり来たりしなければならなかったり、2箇所以上を使う家事でその場所が離れていたり。そのために住宅の間取りはとても重要です。
例えば、洗濯をする時にベランダが二階の奥にあって洗濯機が一階の玄関そばにあったら。
洗濯上がりの服をベランダに持っていくだけでも一苦労ですよね。
食器棚とキッチンの位置関係や、掃除機のかけやすさなんかもポイントになります。
そう、すべて生活導線に如何に無駄がないかが鍵を握っているのです。
一戸建ての物件を探す際や新しく建築する際には、壁の色や収納の広さと併せて生活導線がどれほどスムーズに設計されているかもしっかりと考えることをお勧めします。
注文・新築住宅の間取りを考えるにはプロの適切なアドバイスと自身の生活の行動ごとの分解・検討が大切です。

SNSでもご購読できます。