2000年に住宅を建てました。今、孫が生まれ大勢集まるように。

香川県でデザイン住宅で定評の明るい日差しの入る家
Pocket

2000年に3LDKの新築住宅を購入いたしまた。
香川県で住宅のデザインが優れている住宅会社にお願いして建てました

その当時の家族構成は私と妻、2人の娘の計4人で暮らし始めました。

2012年に次女が結婚、近くにマンションを借りて住むため、我が家を出て行きました。

私は自分の部屋が無かったので、その次女が使っていた部屋を念願の自分の部屋とすることができました。次女が出て行った寂しさもありましたが、自分の部屋を持てた嬉しさでいっぱいでした。

しばらくして次女にも娘ができ、近くに住んでいる事もあり、娘一家でちょくちょく我が家に遊びに来るようになりました。

また、孫見たさに私や妻の両親も来るようになりました。それはそれでいい事なのですが、多くの家族たちが集えるためのリビングが手狭に感じるようになりました。

リビングは10畳ほどのフローリングです。テーブルを置き、7〜8人がいっぺんに集うとやはり手狭に感じます。ソファーや大きめのテーブルなどが置けて、みんながもっとリラックスできるもう少し広めのリビングのある家にしておけばよかったなあと今更ながら感じます。

また、住み始めてから15年ほどして、雨漏りがするようになりました。専門業者に見てもらったところ、ベランダの床のコンクリートがひび割れ、そこの僅かの隙間から雨が染み込み、それが雨漏りの原因となったようです。そのような防止施工が施されているかのチェックも重要でありました。今では施工が終わり雨漏りは無くなったのですが。

SNSでもご購読できます。