注文住宅の失敗と成功。コンセントには注意しましょう

インテリアに強い高松市の工務店は南海建設 木づき工房です
Pocket

高松在住35歳会社員、新築住宅を建てる

高松で家建てる、家を買うといったことは大きい買い物であり、一生に一度あるかないかのことになりますので慎重になる方が多いでしょう。
誰もが同じであります。

私の友人は収納とキッチンの間取りにこだわった新築住宅を建てたのですが、成功した部分と失敗した部分がありました。

家を建てる際に大事になってくるのが間取りになります。
位置や設備によって便利になったり、不便になったりします。

コンセントは意外と必要です

私の友人が建てた新築住宅の場合ですが、カウンターキッチンにして家事をしながらでも子供が見れる環境にしたのは良いのですが、コンセントが少なくて不便になったそうです。

キッチンは意外と電気を使うものが多く、例えば冷蔵庫、炊飯器、トースター、電子レンジ、ポットといったようにずっとコンセントに差しっぱなしのものが多くあります。

それとは別に使う時だけ使用する製品もありますから、キッチンに関しては、大きくスペースを作って広々として動きやすくしたのは良いのですが、コンセントが足らずに不便になったという例になります。

収納はどんなものを収納するかで変わってくる

次に収納スペースになりますが、新築住宅として成功した部分はさまざまなサイズの棚を工務店のアドバイスによって付けてもらったところでしょう。
壁に合わせて色んなものが収納できるようになりますし、どのようなものを置くか考えられる点も良いでしょう。
また収納部屋に換気するための換気扇を設置するなどして、ジメっとせず臭いもせずに良い家になっています。

逆に失敗した部分になりますが、2階に収納スペースを作ってしまったという点です。
季節ものだとその時期にしか使わないから2階にあってもいいと思うかもしれませんが、やはり2階にあるのは不便と言えます。
大きなものを動かす時は周囲を傷つけやすいです。
また収納スペースに照明をつけなかったので中にしまったものがよくわからないといった部分も気になりました。

新築の注文住宅の収納は結構考えながら決めることが大切です。

失敗と成功は考えても考えても出てきます

このように新築住宅では考えて作ったのに成功している部分と失敗している部分があるのでよく考える必要があります。
予算との兼ね合いもあるので妥協した部分もあれば、後で失敗すると気付くことも。